小陰唇の手術

女性

気になる黒ずみは手術でカットする

男性器の形が個人差があるように、女性の性器についても個人差があります。特に、女性の中でも悩みとなりやすいのが小陰唇の黒ずみにあります。小陰唇というのは大陰唇の内側にあり、膣口や外尿道口を守る役割を担っています。しかし、摩擦に弱く、下着と擦り合う事によって黒ずんでしまいます。女性の場合、性行為の際に小陰唇の黒ずみが気になるというのは、殆どの場合がこの小陰唇が黒ずんでしまっているというケースが多いのです。ただ、小陰唇の黒ずみについては、黒ずんだ部分を手術でカットしてしまえば、問題も悩みもすべて解決します。銀座の美容外科においては、小陰唇縮小手術の依頼があれば、どんな形にもすることができますが、一般的な女性の小陰唇のサイズに縮小する手術を行います。手術後のサイズに付いての評判は高いです。銀座の美容外科では、まずはカウンセリングを行います。カウンセリングで患者との意思疎通を行ってから手術に取り掛かります。手術は当日に空きがある場合には、カウンセリングを受けた後、すぐに手術が受けられると評判です。

小陰唇の縮小手術は、銀座の美容外科での患者の依頼も多く、手術に関しては評判が良いです。それというのも、予め希望をすれば執刀医を女医に指定することもできます。もちろん、男性医師でも手術に慣れているので全く気にする必要はありません。しかし、女性にとってデリケートな部分の手術ということもあり、気になる人も多いのです。銀座の美容外科では、患者の希望を聞いてくれると評判です。さて、小陰唇縮小手術を受けた後には、いくつか注意点があります。まず、入浴は手術後10日を経過してからにすることです。シャワーであれば、手術当日から利用することができます。しかし、陰部を切除し、縫合手術を受けていることを考慮し、手で触れたり、石鹸でゴシゴシとこするようなことはしないようにすることです。また、性行為に関しては摩擦によって縫合部分が解けてしまうリスクが高いことから、手術後4週間が経過するまでは我慢する必要があります。こうした細かな注意事項は、医師からきちんと説明があります。

Copyright© 2020 どこを選べばいいのかわからないときやっておくこと All Rights Reserved.